尾崎まゆみ『レダの靴を履いて 塚本邦雄の歌と歩く』
5e9433c734ef0125493cff0d

尾崎まゆみ『レダの靴を履いて 塚本邦雄の歌と歩く』

¥1,980 税込

送料についてはこちら

2020年は塚本邦雄生誕百年 ゆきたくて誰もゆけない夏の野のソーダ・ファウンテンにあるレダの靴 塚本邦雄の短歌をやわらかく、わかりやすい言葉で紐解く、塚本の薫陶を受けた著者ならではの一冊。塚本ファンはもちろん、塚本初心者の読者にこそ届けたい。塚本邦雄の短歌の魅力「美しい空白」を味わうために……。 八〇年代後半、若くして塚本邦雄に出逢ってしまった著者は、塚本ワールドの虜になり、塚本が語る短歌と言葉の世界に引き込まれていく。塚本亡き後、訪れた日本現代詩歌文学館で、偶然、塚本の遺品に遭遇した著者に、あの醸成された至福の時間が還ってくる。そしてふたたび、塚本の短歌とともにあるき始める。 二〇二〇年、塚本邦雄は生誕百年を迎える。 http://www.kankanbou.com/books/tanka/essay/0374