荻原裕幸『リリカル・アンドロイド』
new
5e952c5634ef01789c2082bc

荻原裕幸『リリカル・アンドロイド』

¥2,200 税込

送料についてはこちら

短歌をこころから楽しんだ季節の記録 かつてニューウェーブと呼ばれ、暴走と迷走を繰り返した日々を経て、しばらくは短歌に苦しめられてもいましたけれど、四十歳を過ぎた頃、ふたたび蜜月とでも言いましょうか、書くことが楽しくてしかたない季節がやって来ました。(あとがきより) 「ニューウェーブ短歌」を牽引した一人、荻原裕幸による、19年ぶりの第6歌集。 さまざまな境界線が滲み合い、交差する中で あふれ出すのは不可逆的かつ永遠的な「いま」の抒情だ。 矛盾と異化を含んだ梅の花の心地良い香りに誘われて、 荻原裕幸は今日も現代短歌の〈夢〉をリリカルに完食する。 濱松哲朗 荻原さんの今までの歌集のなかでいちばんいいと思います。 平岡直子 【五首選】 わたくしの犬の部分がざわめいて春のそこかしこを噛みまくる 優先順位がたがひに二番であるやうな間柄にて梅を見にゆく 空が晴れても妻が晴れないひるさがり紫陽花も私もずぶ濡れで たまに夢でつながる人の部屋に来てけふはしづかに秋茄子を煮る 蕪と無が似てゐることのかなしみももろとも煮えてゆく冬の音 http://www.kankanbou.com/books/tanka/gendai/0395