笹原玉子『偶然、この官能的な』
new
5e969bad72b91101fc0d857b

笹原玉子『偶然、この官能的な』

¥2,310 税込

送料についてはこちら

塚本邦雄の歌とともに歩いた歌人のいま 23年ぶりの第3歌集 ​ 笹原玉子が塚本邦雄や山中智恵子を強烈に慕うのも、その中にある「とてつもない孤独の空洞」を見いだし、共鳴したからにちがいない。美を選択することは、世界の果てに独り立つことなのだ。  林和清 言葉と言葉がなんらかの共通項に呼ばれて近づき、ふたたび離れてゆく。星の数ほどある言葉の宇宙のなかで、それは偶然の出会いである。偶然を呼びよせ、招きいれる歌が、本書にはたくさんおさめられている。 佐藤弓生 ロマンチックだがどこか人を食ったようなところのある、飄々とした語り。スピード感のある韻律。一ページ目を開いて、嬉しさに小躍りしてしまった。そうそうそう。これです、これですよ!   石川美南 http://www.kankanbou.com/books/tanka/yuniveru/0397