キム・ヘジン『オビー』
5faba1dadf51594a58519518

キム・ヘジン『オビー』

¥1,980 税込

送料についてはこちら

この本には、社会への扉がある。 仕事をし、金を稼ぎ、かすかな繋がりの中で会話を交わす。 それは、あなたかもしれないし、私かもしれない。 文学は、社会活動だ。 ――山崎ナオコーラ(小説家) 『中央駅』『娘について』のキム・ヘジン、待望の短編集。 巨大な物流倉庫の職場で出会った、自分本位で他人と関わろうとしないオビーと、同調することばかりを考える自分との違いに心乱される「オビー」、チキン配達で出会った自殺願望のある男とのやりとりを滑稽に描いたデビュー作「チキン・ラン」、彼女にふられ、あてもなく訪れた公園で老人に誘われ始めたなわとびで、別れた彼女との気持ちを少しずつ整理する「なわとび」、スランプを抱えて筆が進まない語り手と、英語教室で出会った異国の人ワワとの心の触れ合いが行き着く先を描いた「ドア・オブ・ワワ」など、今を生きる不安定な若者たちの仕事や社会との関わりを描いた9編を収録。 http://www.kankanbou.com/books/kaigai/kankokujyosei/0433