佐藤弓生『世界が海におおわれるまで』
5fabacbfb00aa32ea6498001

佐藤弓生『世界が海におおわれるまで』

¥1,540 税込

送料についてはこちら

【歌集より】 秋の日のミルクスタンドに空瓶のひかりを立てて父みな帰る とうめいなかかとのかたち天空も公孫樹の黄(きい)を踏んでみたくて 風鈴を鳴らしつづける風鈴屋世界が海におおわれるまで 白の椅子プールサイドに残されて真冬すがしい骨となりゆく 革装の書物のように犀は来て「人間らしくいなさい」と言う 「夢といううつつがある」と梟の声する ほるへ るいす ぼるへす http://www.kankanbou.com/books/tanka/classics/0430