黒瀬珂瀾『ひかりの針がうたふ』
new
5fe15c2ef0b10812dea68afd

黒瀬珂瀾『ひかりの針がうたふ』

¥2,200 税込

送料についてはこちら

光漏る方へ這ひゆくひとつぶの命を見つむ闇の端より​ 早朝の水質検査が終わるころ 斜めに差してくる幾本もの光 まっすぐ歌がやってくる 【自選5首】 言葉を五つ児が覚えたるさみしさを沖の真闇へ流して帰る 生なべて死の前戯かも川底のへどろ剥がれて浮かびくる午後 詩が僕を訪ねないので浜を這ふ蔓菜に死者の記憶を語る うみそらの澄みゆく朝に切る舵の肌寒を妻と分かちたきかな 海沿ひに二年を生きて去るわれへ朝の汽笛は低く響けり http://www.kankanbou.com/books/tanka/gendai/0440