{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

石松佳『針葉樹林』

¥2,200 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

第57回現代詩手帖賞 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。沼に立ち尽くす馬は暗く燃え、やがて皮膚の上には雪が結晶する。 (「絵の中の美濃吉」) 「文字が透き通るだけではなく、書かれている内容も完璧に透き通ってしまう。読み取れるのは、詩の向こうから差し込んでくる陽射しのまぶしさだ」(松下育男)。「直喩と隠喩が分かちがたく用いられている。自在な喩と意味の接続に変化を加えることで、わたしたちの想像力を越えていく」(須永紀子)。清冽なる心音――。水面を吹き抜け、傘を開いてゆく言葉たち。装幀=佐野裕哉 (思潮社ホームページより) http://www.shichosha.co.jp/newrelease/item_2645.html