{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

佐藤理江『最初ギリッとふたを開け』

¥2,090 税込

送料についてはこちら

ユニヴェール16 『歌集 最初ギリッとふたを開け』 佐藤理江 四六判/並製/144 ページ 定価:本体1900 円+ 税 ISBN978-4-86385-492-5 C0092 佐藤理江はノーマルな歌人である。 普通の教育を受け、普通のおとなになったのだろう。 そんな歌人の短歌が抵抗の色を帯びて見えるとしたら、それは世界が、状況が普通ではないのである。きわめて真っ当な感覚の歌人の真っ当な短歌が、今、ボディブロウとして効いてくる。 藤原龍一郎 2021年10月全国書店で発売。 【自選5首】 ショット缶最初ギリッとふたを開けあとはその都度くるくる回す 真ん中で真っ赤に放射しつづけたむかしの祖国、っぽいサイレンだ 映像のコマが飛ぶたび天皇はとても鋭い手刀をきる スリッパが片方落ちた玄関のままのお出かけ嬉しいね、さっちゃん 押し花の色をきれいと思えないけどありがとう大事にするね  【著者プロフィール】 佐藤理江(さとう・りえ) 1967 年 東京生まれ  2002 年 第1歌集『虹の片脚』  2003 年 未来入会  2005 年 第2歌集『箱船』  2008 年 第3歌集『避雷針の先端の銀』  2012 年 未来賞受賞 第4歌集『西日が穏やかですね』 2017 年 第5歌集『あったこともない人々』 埼玉県歌人会理事 【ユニヴェール】 新鋭短歌シリーズ、現代歌人シリーズが生まれ、 短歌世界は思いもかけない方向にひろがりをみせている。 そして今、新しいレーベルが生みだされる。 ユニヴェールとは、短歌の壮大な宇宙。 これからもきっと、新しい歌人との出会いが待っているにちがいない。 http://www.kankanbou.com/books/tanka/yuniveru/0492

セール中のアイテム