{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

染野太朗『あの日の海』

¥1,760 税込

送料についてはこちら

現代短歌クラシックス09 『あの日の海』 染野太朗 四六判変形/並製/168ページ 定価:本体1,600円+税 ISBN978-4-86385-497-0 C0092 装幀:加藤賢策 2021年12月全国書店にて発売。 【収録歌より】 カーテンに春のひかりの添う朝(あした)はじめて見たり君の歯みがき 含み笑いをしながら視線逸らしたる生徒をぼくの若さは叱る さびしさを押しつけたから君はもう静かな海をぼくに見せない 掌(て)の中に燃ゆるさびしさ 点さんと花火さがせどさがせども闇 生徒らの脳に蛍があふれいて進学試験の教室ぬくし パキシルに統べられぼくの脳(なずき)にもセロトニン舞うゆあーんゆよーん 【著者プロフィール】 染野太朗(そめの・たろう) 一九七七年、茨城県生まれ。埼玉県に育つ。国際基督教大学教養学部卒、早稲田大学第二文学部卒。第一歌集『あの日の海』(本阿弥書店、二〇一一年)にて第十八回日本歌人クラブ新人賞、第二歌集『人魚』(角川書店、二〇一六年)にて第四十八回福岡市文学賞短歌部門を受賞。短歌同人誌「外出」「西瓜」同人。短歌結社「まひる野」編集委員。 http://www.kankanbou.com/books/tanka/classics/497-0

セール中のアイテム