{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

水野葵以『ショート・ショート・ヘアー』

¥1,870 税込

送料についてはこちら

新鋭短歌シリーズ58 『ショート・ショート・ヘアー』 水野葵以 監修:東 直子 四六、並製、144ページ  定価:本体1,700円+税 ISBN978-4-86385-505-2 C0092 http://www.kankanbou.com/books/tanka/shinei/0505 生まれたての感情を奏でる かけがえのない瞬間を軽やかに閉じ込めた歌の数々。 日常と非日常と切なさと幸福が、渾然一体となって輝く。 (東 直子​) 【著者プロフィール】 水野葵以(みずの・あおい) 1993年4月30日、東京都生まれ。2018年より作歌を始める。 「タクトをふるう」で第62回短歌研究新人賞候補作、「三人家族」で第3回笹井宏之賞最終候補作。短歌ネットプリント「ウゾームゾーム」を不定期配信中。著作に、短歌と写真のZINE「あいもかわらず」。 【5首】 旅客機の窓はきらめくそれぞれのパーパス・オブ・ユア・ヴィジットをのせ 君の背にロールシャッハが咲いていてそれでも好きと思えたら夏 スーパーで出くわすような気まずさと夜の校舎のような嬉しさ 日々のバカ 開きっぱなしの踏切でほとぼりが過ぎ去るのを待って サササドリと母が呼んでる鳥がいてたぶんこれだな、サササと走る 【新鋭短歌シリーズ】 今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。 http://www.shintanka.com/shin-ei/

セール中のアイテム