{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

井本元義『輝ける闇の異端児  アルチュールランボー』

¥1,650 税込

送料についてはこちら

『輝ける闇の異端児 アルチュールランボー』 井本元義 四六判、並製、224ページ 定価:本体1,500円+税 ISBN978-4-86385-504-5 C0093 2022年1月下旬全国書店にて発売 遥かなる時空と闇を割いて彼の声がきこえる。 ランボー没後130年を経てなお 著者の心に棲みつづける 魂を揺さぶる熱い思いを綴った小説 『ロッシュ村幻影』を大幅に修正、新たな掌編もプラス。 闇に蹲る彼の沈黙ほど美しい詩はない、と僕は結論付けた。ハラルでの十一年間の闇、そこから発せられた詩ではなく日常の些事を綴った手紙こそ、文学の最高峰の一つであると考えるに至り、そこに僕自身の人生の意義を重ねた。僕は最後にと、彼のゆかりの家、都市、カフェ、ホテルなど順を追って回った。最後にマルセイユの丘に登った。地中海に沈む太陽。激しく墜落していく太陽。アルチュール・ランボーはそれを永遠だと詠った。一切のものは無であり、永遠であるだけだと。(あとがきより) 【著者プロフィール】 井本元義(いもと・もとよし) 1943 年生まれ  九州大学物理学科卒 詩集『花のストイック』『レ・モ・ノワール』『回帰』『虚日の季節』 小説『ロッシュ村幻影』『廃園』 エッセイ『太陽を灼いた青年 アルチュール・ランボーと旅して』 評伝『織坂幸治』 新潮新人賞佳作 「鉛の冬」 福岡市文学賞 『花のストイック』 文芸思潮まほろば賞 「トッカータとフーガ」 仏政府主催 仏語俳句大会グランプリ 日本ペンクラブ会員 福岡日仏協会理事 Eメール [email protected] ブログ「あちらこちら文学散歩」 現住所 〒813-0025 福岡市東区青葉6-7-4 http://www.kankanbou.com/books/essay/0504