{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

犬養楓『救命』

¥1,650 税込

送料についてはこちら

『救命』 犬養楓 四六判、並製、160ページ 定価:本体1500円+税 ISBN 978-4-86385-509-0C0092 明日それが延命治療になろうとも救命の灯を今日は消さない 歌集『前線』からわずかに一年 コロナはついに第六波を迎え 一人でも多くの救命を、と 医療従事者の闘いはつづく。 2022年2月下旬全国書店にて発売。 【収録歌より】 レッドゾーンの扉開ければ陰圧の方へ前線移動していく 市内での聖火リレーは中止され冷凍ワクチン静かに届く 一日の危険手当の千円で使い捨てたる靴下を買う 四度目の波と三度の宣言と二度目の春と一度きりの死 諦めることを諦め今日明日も人を救いに病棟へ行く 筆舌に尽くせぬ日々を歌に詠むことにも慣れし第六波なり 【著者プロフィール】 犬養楓(いぬかい・かえで) 1986年愛知県生まれ。 18歳より短歌を始める。 現在、救急科専門医として救命救急センターに勤務。 cakesクリエイターコンテスト2020佳作。 第63回短歌研究新人賞候補。 2021 年歌集『前線』、小説『トリアージ』刊行。 note:tanka2020 twitter:@tanka2020 http://www.kankanbou.com/books/tanka/0509