{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

イ・グミ『そこに私が行ってもいいですか?』

残り2点

¥2,530 税込

送料についてはこちら

『そこに私が行ってもいいですか?』 イ・グミ 著 神谷丹路 訳 里山社 女とは、階級とは、国とは、人種とはー。 海を越え、運命を切り拓く少女たちの物語。 構想10年。国際アンデルセン賞韓国候補作家が、日本軍慰安婦、対日協力者、アメリカ日系人収容所など、複雑な日韓の近現代史を、女の視点から描く傑作エンタテインメント。 「貧しく低い身分で、女として生まれたのは、自ら選んだことではない。植民地の民となったのも、国に力がなかったからだ。なのに、苦しみは個人や民が負わなければならない。」(本書より) 「人間は複雑で多面的な存在で、完全な善人も悪人もいない。誰もが自らの欲望や利益を前に、揺れながら生きている。日帝強占期(日本植民地期)という歴史の枠組みに閉じ込めて、二分法的に描きたくなかった」ーーイ・グミ(作者の言葉より) 2018年度国際児童図書評議会オナーリスト選定図書 壮大で複雑な歴史を、綿密な取材をもとに詳細に描きながら、韓国では「YA(ヤング・アダルト=ティーン)向け」として出版された本書。韓国の歴史をこれから知ろうとする日本の広い年代の読者にとっても手にとりやすく、そして知られざる日本と韓国の歴史を知るよい道標となるはずです。 【著者について】 著者 イ・グミ 1962年韓国・ソウル生まれ。1984年「新しい友文学賞」に短編童話が入選し、作家活動を始める。30年以上にわたり、濃密な人間愛に満ちた作品を発表し続ける。小泉児童文学賞、尹石重文学賞、方定煥文学賞を受賞。子どもから大人まで幅広い年齢層の読者をもつ。代表作に、『あなたもひめゆりの花』『ユジンとユジン』『私と少し違うだけ』『アロハ、私の母たち』など。2020年、ハンス・クリスチャン・アンデルセン賞の韓国候補作家に指名された。 訳者 神谷丹路(かみや・にじ) 東京都生まれ。韓国語翻訳、日韓関係史研究。1980年代に、韓国延世大学へ留学。訳書に、尹興吉『鎌』(共訳・角川書店)、趙廷来『太白山脈』 共訳(集英社) 、パク・ゴヌン著『ウジョとソナ 独立運動家夫婦の子育て日記』(里山社) 、編訳書に『だまされたトッケビ』(福音館書店)他。産経児童出版文化賞翻訳作品賞受賞 。著書に『韓国  近い昔の旅 植民地時代をたどる』(凱風社)、『韓国歴史漫歩』(明石書店)他。早稲田大学、法政大学非常勤講師。 (里山社webサイトより)