{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

下妻みどり『長崎迷宮旅暦』

¥1,760 税込

送料についてはこちら

『長崎迷宮旅暦』 下妻みどり B6判、並製、192ページオールカラー  定価:本体1,600円+税 ISBN978-4-902108-83-5 C0026 2版 異国情緒あふれる街、長崎。春夏秋冬、それぞれ魅力的な祭事があり、観光地として何度でも訪れたい街です。鎖国時代も外国に開かれていた窓口として、オランダや中国などとの交流が盛んに行われ、その名残が色濃く残っています。観光客で賑わうスポットから一歩路地に入ると、石畳の坂道や港を望む小径の情景が心を開放してくれます。長崎大好きな、長崎っ子の著者が、とっておきの散策・食べもの情報などをご紹介。長崎に住む人にも、そして、長崎を旅する人にも、長崎のことをもっともっと深く知ってもらう入り口になり、長崎散策が楽しくなる一冊です。 2022年4月2版より地図・情報が最新になっています。 【著者プロフィール】 下妻みどり (しもつま・みどり) フリーライター。1970年生まれ。長崎市在住。著書「長崎よりみち散歩」(ながさきプレス刊) 【目次】 春 1 桃に守られて 2 タイムマシンでお花見を 3 この葉、なんの葉?  グラバーさんの植物園 4 どんなとこでも、どうにかして ~東山手~  わかった気になんか、なれない ~大浦天主堂~ 5 「ここ」に「これ」があるということ ~出島~ 6 ハタと空と春だけの日 ~ハタあげ~ 7 広い景色が似合う人 ~坂本龍馬~ 8 大亀が眠る森で ~伊良林あたり~ 9 異国ではない情緒  old Japan in Nagasaki 10 支店文化を賑わす味 ~卓袱料理~  花街の気丈  princess at home 11 彼女の実家 12 あとの1年は仮の姿 ~帆船まつり~ 13 いつかの海岸線  imagine origin! 14 「長崎さん」が歩いたころは ~桜馬場あたり~ 15 愛したぶんだけ、愛されて ~シーボルト宅跡~ 16 toppesakiの今むかし ~ナンカミサキ~ 17 土地の昔は、息をしている ~浜の町から小島あたり~ 18 梅雨の彩りと実り  Viva! Biwa! 19 長崎の隠し球 ~茂木~ コーヒーでひとやすみ  マジカル・ニュートラル ~Cafe平井~  手探りの走り ~カフェ・豆ちゃん~  香れば、そこが ~珈琲人町~ 夏 1 野性の波しぶき ~ペーロン~ 2 働き者の弟たち ~稲佐あたり~ 3 東洋一の思い出 ~水族館~  あの世まじりの夏 4 美しいものなんてひとつもないのに ~原爆~ 5 幾重にも迫りくるもの ~浦上天主堂~ 6 もうひとつのグラウンドゼロ ~二十六聖人~ 7 視点が変わる町 8 楽しいお盆 9 列の中、船の上 ~精霊流し~ 10 あの匂いと、かならず降る雨 ~中国盆~ 11 日々のたまもの ~夜景~  そろそろ、そわそわ おいしくてしあわせ  いつしか中華といえば ~中国家庭料理 紅灯記~  長崎の、実に長崎の! ~長崎洋和食 のだ屋~  やさしき灯台 ~セラー・ランプライター~ 秋  庭見せの夜に、逢いましょう 1 ゴージャスな前夜祭のなりたち  ~長崎くんち 庭見せ~ 2 あなどれなくなるアドレナリン ~長崎くんち~ 3 おすわさんの酸素 ~諏訪神社~ 4 青空、青竹、白狐 ~竹ン芸~ 5 昭和とアジア 6 内臓エリアよ永遠に ~銅座~ 7 中央橋は、どこにある? 8 哀しき溝の川 ~中島川~ 9 国宝級のスローストリート ~中通り~ 10 市場でもっと遊びたい 11 秋に紅さす小さな魚 12 たまには縛りを抜けだして ~浜口あたり~ 家でも おいしくてしあわせ  さぞ魚も幸せだろう ~新大工 魚和~  よろずこだわりマス ~諏訪の杜 たけやま~  ひそやかなる過激 ~ノスドール~ 冬 1 謹賀新年ピクニック ~七高山めぐり~ 2 雪で憶える 3 新しい春は満ちて ~ランタンフェスティバル~ 4 海をつなぐ女神  唐風散歩 ~館内・唐人屋敷跡~ 5 極彩色の遺伝子 ~崇福寺~ 6 たゆまぬ静けさ ~興福寺~ 7 ちゃんぽんがせつなかったころ 8 キングオブ・ナンバー2の自由 9 525円の中国 ~孔子廟~ 10 チャイナタウンの、中華街 あとがき 「ちょっと、みどりさん? わたくし、長崎だけどね」 http://www.kankanbou.com/books/trip/tabiessay/083nagasakimeikyu