{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

短歌誌「メルクマール・メルルマーク」

残り2点

¥800 税込

送料についてはこちら

短歌誌「メルクマール・メルルマーク」800円 ◆執筆者 エッセイ 山野辺太郎 短歌 雨月茄子春、今哀子、宮川漣 評論 弘平谷隆太郎 ◆装画 けけ ◆編集発行 雨月茄子春 執筆者紹介 山野辺太郎「すみれを摘みに」 @yamanobe_taro 春と文化の香る書き下ろしエッセイです。不思議な文体にあなたも中毒になること間違いなし! 『いつか深い穴に落ちるまで』で第55回文藝賞受賞、河出書房新社より出版。「アメトーーク!」にてラランド西田さんに紹介されたことでも話題に。 今哀子「トゲヌキマス」 @3156AIKO 内省的な文体と痛みを伴う身体感覚が魅力的な夏の連作です。好きな食べ物はすいか。連作を読む前と読んだ後ではこの「すいか」の印象が変わる気がします。 “父の死は沈殿する小説のよう よかったな読んでおいて、小説” 宮川漣「埼玉のDNA」 @ren_38kawa みやがわではなくみやかわさん。埼玉に移り住んでからの日々を詠んだ連作です。変身魔法をかけられたような感覚があります。 北海道短歌会OG。北十(@hokuto_1998)同人。 “隙間なくうめればドンキになれたかもしれないルミネ大宮を去る” 弘平谷隆太郎 「放たれた鳥たちの歌」 第37回現代短歌評論賞候補作。萩原慎一郎『滑走路』を軸とした論が展開されています。内容の面白さもさることながら、それを下支えする文章表現がとても美しいです。 第38回現代短歌評論賞受賞。2021年すばるクリティーク賞最終候補。 雨月茄子春「ぐるぐる」、「スナフキン・ハート」、「百年」 @ugetsunasuharu 新作の短歌連作「ぐるぐる」のほか、笹井宏之賞最終選考候補の短歌連作を2篇載せています(一部改作)。 (雨月茄子春さまのサイトより)

セール中のアイテム