{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

鍋島幹夫『帰りたい庭』

¥2,200 税込

送料についてはこちら

『帰りたい庭』 鍋島幹夫 四六判、上製、160 ページ 定価:本体 2,000 円 + 税 ISBN978-4-86385-528-1 C0092 H氏賞詩人、鍋島幹夫幻の第四詩集 白い山が動いた 砂の柱が歩いた 動けなかった 夏の日の正午 だれもいない檻の前で 熱い乳を捨てに行く 乳は谷を白く染めた じっと見ていた 熱い熱い夏の日 水の中を動く犀 2022年7月下旬刊行予定 【著者プロフィール】 鍋島幹夫(なべしま・みきお) 1947年、福岡県八女市黒木町生まれ。 大学では、英文学専攻。19世紀の怪奇小説に傾倒。米文学では、フォークナーを特に好んだ。神奈川県大和市の教員として7年間を過ごし、地元に戻る。 地元の小学校教員として勤務。小学校長を定年退職し。2007年より梅光学院大学で学生に現代詩や日本語表現について教える。 2011年1月に病を得て闘病するも2011年7月20日に永眠。享年64歳。 http://www.kankanbou.com/books/poetry/poetry/0528

セール中のアイテム