original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【アーカイブ視聴チケット】路を仮設する──柿木伸之『燃エガラからの思考』と渡邊英理『中上健次論』をめぐって 刊行記念対談(9/23)

¥1,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

2022923_url.pdf

10.2MB

※※オンライン配信+アーカイブ視聴チケット※※ 路を仮設する──柿木伸之『燃エガラからの思考』と渡邊英理『中上健次論』をめぐって 刊行記念対談(9/23) 今年の夏、ほぼ時を同じくして二冊の思想書が刊行されました。柿木伸之の『燃エガラからの思考──記憶の交差路としての広島へ』(インパクト出版会)と渡邊英理の『中上健次論』(インスクリプト)です。本としての性格が異なる両者には、「路を仮設する」という共通のテーマがあります。『燃エガラからの思考』は「核の普遍史」の暴力にさらされた者たちの記憶の交差路を構想する思考を、『中上健次論』は偶発的で脱中心的な「路地」を仮設する中上の文学思想を、「開発」に対する抵抗の可能性へ向けて展開しています。こうしたテーマをめぐって、ともに九州に縁のある二人の著者が対談します。 ※ご出演の柿木伸之さん、渡邊英理さんへのご質問がありましたら、チケット購入時の「備考欄」にご記入ください。 ******************************************************************** 日時:2022年9月23日(金)18:30~20:30 出演:柿木伸之さん、渡邊英理さん 配信場所:本のあるところajiro 配信方法:YouTube 参加費:1500円 主催:本のあるところajiro お問合せ:[email protected] ******************************************************************** ※こちらは9/23イベントのオンライン参加+アーカイブ視聴チケットです。 (会場参加チケットは、別で販売していますのでご注意ください。) ※購入完了画面に画像ダウンロードボタンが表示されます。画像に記載の配信URLからYouTubeページにお入りください。ライブ配信に間に合わなくとも、10月8日(土)午前中まで視聴いただけます。 配信終了間近にチケットを購入される場合は、視聴ができる時間的余裕を持ってご購入ください。 購入完了後、自動で届くメールからも画像はダウンロード可能です。 配信終了:2022年10月8日(土)12:00 【登壇者プロフィール】 柿木伸之(かきぎ・のぶゆき) 鹿児島市生まれ。上智大学文学部哲学科助手、広島市立大学国際学部教授を経て、現在西南学院大学国際文化学部教授。専門は20世紀ドイツ語圏の哲学と美学。著書に、『断絶からの歴史──ベンヤミンの歴史哲学』(月曜社、2021年)、『ヴァルター・ベンヤミン──闇を歩く批評』(岩波新書、2019年)、『パット剝ギトッテシマッタ後の世界へ──ヒロシマを想起する思考』(インパクト出版会、2015年)、『ベンヤミンの言語哲学──翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社、2014年)などがある。 渡邊英理(わたなべ・えり) 熊本県(菊池市)生まれ、鹿児島県(霧島市・鹿児島市)育ち。大阪大学大学院人文学研究科准教授。日本語文学。著書に、単著『中上健次論』(インスクリプト、2022年)、共編著『クリティカル・ワード 文学理論』(三原芳秋・鵜戸聡との編著、フィルムアート社、2020年)、共著『〈戦後文学〉の現在形』(平凡社、2020年)、共著『文学理論の名著50』(仮題)(平凡社、2022年予定)など。 【書誌情報】 柿木伸之『燃エガラからの思考──記憶の交差路としての広島へ』(インパクト出版会) http://impact-shuppankai.com/products/detail/319 渡邊英理『中上健次論』(インスクリプト) https://inscript.co.jp/b1/86-8

セール中のアイテム