new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

中島裕介 『polylyricism』

残り3点

¥1,870 税込

送料についてはこちら

第3歌集『memorabilia/drift』と同時刊行の第4歌集。 おだやかな暴挙を見守ってくれている人に感謝を。 いまよりすこし良い世界を夢に抱いている人に、寄り添えますように。 老いてゆくわが身裡にも性欲は水銀のごとく深くしづもる 手を挙げてもタクシーは通りすぎてゆくぼくにこどもはいなか った った ポエジーに正しさはあるというのなら私は正しく間違えている アクセルが(バーニラバニラバーニラきゅうじんバーニラ)戻らなかった nation(国民)とnation(国家)との違いをおもうとき男児が長い枝見せてくる 「『小さなもの』にその輝きの選択権を明け渡すことで、言葉が確かに点滅しながら。」井上法子(栞文より) 「世界がアホらしいとき、抒情で立ち向かってはいけない。」「アホらしさのままに。しかし悼ませてもほしいときに」 伊舎堂仁(栞文より) 著者プロフィール 中島裕介 (ナカシマユウスケ) (著/文) 1978年 兵庫県小野市生まれ。 2008年 第一歌集『Starving Stargazer』(ながらみ書房) 2012年 『もしニーチェが短歌を詠んだら』(角川学芸出版) 2013年 第二歌集『oval/untitleds』(角川学芸出版) 2022年 第三歌集『memorabilia/drift』(書肆侃侃房)、第四歌集『polylyricism』(短歌研究社) 2022年現在、団体職員。東京大学大学院教育学研究科博士課程在籍。

セール中のアイテム