other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【冊数限定サイン本】 廣野翔一『weathercocks』(短歌研究社)

1,870円

送料についてはこちら

――風が膨らむように吹いていた夜だった。 2010年代以降の短歌シーンを支えつづけた「あの男」が、ついに!  決意と孤独と優しさの第一歌集! 寒気団 いずれ私が立つはずの荒野を澄ますために寄り来る 作業員・廣野翔一、醜聞の特に無ければ赤だし啜る われを慰め家へ帰せり 怪獣を星ある方へ戻すごとくに 「生きるために世界の「冷たさ」に馴染んでみようと努めてみる。」 文月悠光(栞文より) 「こんな孤独な言挙げを最近あまり見なくなった。ああ、いいな、と思う。」 吉川宏志(栞文より) 著者プロフィール 廣野翔一 (ヒロノショウイチ) (著/文) 1991年生まれ。大阪府出身、首都圏在住。京大短歌を経て、塔短歌会所属。「穀物」同人。「短歌ホリック」同人。同志社大学法学部卒。

セール中のアイテム