{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

現代歌人協会『続コロナ禍歌集』(短歌研究社)

残り3点

880円

送料についてはこちら

必読! コロナ禍の記録  ー長引くコロナ禍に歌人は何を思い、どう歌ったかー 2021年5月に刊行されたアンソロジー『コロナ禍歌集』の続編。 この一冊で644人の歌人が「コロナ禍」にどのように対峙し、どのように歌ったが見える。 第2部として、歌人であり科学者でもある永田和宏氏の現代短歌フォーラムでの講演 「コロナ的非日常の日常」を採録。 資料「コロナ禍をめぐる主なできごと」(年表)も収録。 装幀=岡孝治(OKA DESIGN OFFICE) 目次 はじめに 作品(あ行~わ行) 『2020年 コロナ禍歌集』評 現代短歌フォーラム「コロナの時代の短歌」永田和宏講演採録 コロナ禍をめぐる主なできごと(2021年~2022年7月) あとがき

セール中のアイテム