new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

蜆 シモーヌ『膜にそって膜を』(書肆子午線)

残り3点

2,640円

送料についてはこちら

そこにある、やってくる、拡散する言葉/声のうねりにのみ込まれる。 蜆シモーヌ、待望の第二詩集刊行。装幀=鈴木規子。 「ぴりか/ぴりか/ここは楽園です。」(「ぴりか」) 「ひとはみずからを/模倣して/なにももたずに、そこをでていく」(「春のために」) 目次 序詩 ピアノ 感性 ぴりか 時代 ぼくたちのことばが転んだとき 王国の朝 かお 祝下心 あん おきゅぱいど りっく、すりっくる、きてます痛み えむされみしーするし恣意、してほしい 春のために でらぱてでじゅじゅぶ てすとてすと、たえ子。島ぷうるすくりいん まにふぇすと わるつ 著者プロフィール 蜆 シモーヌ (シジミ シモーヌ) (著/文) 1979年生まれ。第59回現代詩手帖賞受賞。 詩集『なんかでてるとてもでてる』(思潮社、2021年)。

セール中のアイテム