{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

レベッカ・ソルニット『暗闇のなかの希望 増補改訂版』(ちくま文庫)

残り1点

1,100円

送料についてはこちら

イラク戦争下で「希望を擁護する」ために刊行され、二〇一六年に加筆された改訂版を文庫化。アクティヴィズムと思想を往還する名著。解説 小川公代 ソルニット、初文庫化 直接行動(アクティヴィズム)と思想を自在に往還する現代の名著 解説 小川公代 2003年、イラク戦争が始まった時期に、「希望を擁護する」ために本書は書かれた。あの時代は過ぎ去ったが、あらたな戦争が生じ、破壊的な気候変動が到来している。絶望と冷笑主義が残りつづける現代に、希望をもつことはいかに可能なのか。「希望は光を浴びた舞台の真ん中ではなく、周縁の暗がりにある」(本文より)。2016年に改訂され、直接行動と思想を往還する現代の名著を文庫化。 解説 小川公代 【目次】 日本のみなさんへ  第三版への序文(二〇一五年) 希望が拠って立つもの  1 暗闇を覗きこむ  2 私たちが敗北したとき  3 私たちが勝ち取ったもの  4 偽りの希望と安易な絶望  5 影の歴史  6 千年紀の到来 ―― 一九八九年一一月九日  7 千年紀の到来 ―― 一九九四年一月一日  8 千年紀の到来 ―― 一九九九年一一月三〇日  9 千年紀の到来 ―― 二〇〇一年九月一一日  10 千年紀の到来 ―― 二〇〇三年二月一五日  11 変革のための想像力を変革する  12 直接行動の間接性について  13 もうひとつの歴史の天使  14 カリブーのためのバイアグラ  15 楽園からの脱出  16 大いなる分断を越えて  17 イデオロギーの後に ―― あるいは時間の変容  18 グローバルなローカル ―― あるいは場所の変容  19 テキサスの三倍大きな夢 216 20 疑い  21 世界の中心への旅  振り返る平凡な人びとの非凡な偉業(二〇〇九年)  すべてがばらばらになり、すべてがまとまりつつある(二〇一四年)  あとがき後ろ向きに、前向きに  謝辞  巻末注記  訳者あとがき 東辻賢治郎  解説 ネガティヴ・ケイパビリティのなかの希望 小川公代  レベッカ・ソルニット (レベッカ ソルニット) (著/文) レベッカ・ソルニット(Rebecca Solnit):1961年生まれ。作家、歴史家、アクティヴィスト。カリフォルニアに育ち、環境問題・人権・反戦などの政治運動に参加。アカデミズムに属さず、多岐にわたるテーマで執筆をつづける。主な著書に、『ウォークス歩くことの精神史』(左右社)、『オーウェルの薔薇』(岩波書店)がある。 井上 利男 (イノウエ トシオ) (翻訳) 井上利男 (いのうえ・としお):1944-2019年。翻訳家。奄美で石油基地反対運動に参加後、福島第一原発事故に遭遇。 東辻 賢治郎 (トウツジ ケンジロウ) (翻訳) 東辻賢治郎 (とうつじ・けんじろう):1978年生まれ。翻訳家、文筆家。関心領域は近代の技術史、建築史、紀行、地図制作。

セール中のアイテム