{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

くろだたけし『踊れ始祖鳥』(ナナロク社)

残り1点

1,870円

送料についてはこちら

ナナロク社主催「第2回 あたらしい歌集選考会」で、木下龍也 選となった著者による第一歌集。 【本書より5首】 踊ってるところを石にされちゃって始祖鳥なんて呼ばれています なだらかな坂をだらだらのぼるうち忘れるはずと思われている 生きている者が死ぬのを待っている土はそういう役割だから ちょうどいいカバンが欲しくなるたびに間違いがちな僕の大きさ 奪いあうボールに触れることもなく離れて立っていても少年 【帯文:木下龍也】 くろださんは穴の入口で世界を見つめている。 穴の底から僕は言う。 くろださん、そこからどんな風景が見えますか、 これからどんな風景を見ますか、 できればその目を、僕にください。 【装丁:名久井直子】 【著者プロフィール】 くろだたけし (クロダタケシ) (著/文) 1965年生まれ。熊本県在住。本書が初の著書。 2017年より作歌をはじめる。

セール中のアイテム