{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

多賀盛剛『幸せな日々』(ナナロク社)

残り1点

1,980円

送料についてはこちら

ナナロク社主催「第2回 あたらしい歌集選考会」で、岡野大嗣 選となった著者による第一歌集。 【本書より5首】 なんまんねんもまえもあとも、にんげんはひとりになりたくなるまで、だれかといたかった、 にんげんは、みんないっしょによるにねたから、ほしをみるときしずかになった、 いつか くる おわりを みないで すむように さかなは うみから でませんでした しってるうたを、ゆっくりうたったら、きいたことないうたがきこえた、 たべるときに はんぶんに ちぎる ひとたちは はんぶんに ちぎられることを おそれました 【帯文:岡野大嗣】 別々の時間を生きていずれこなごなになる私たちを、 広く静かに抱きとめる三十一音がここにある。 【装丁・画:鈴木千佳子】 【著者プロフィール】 多賀盛剛 (タガセイゴ) (著/文) 1982年生まれ。兵庫県在住。歌人。 本書が初の著書。白ごはんが大好き。

セール中のアイテム