{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

柿内正午『『ベイブ』論 あるいは「父」についての序論』(零貨店アカミミ)

残り2点

1,200円

送料についてはこちら

映画『ベイブ』を丹念に見つめることで、「現代における父性とはどのようなものであるべきか」という大きな問いに挑む。 ーー誰もが「子供」の立場から立ち去りたがらず、ありもしない「親」をでっちあげては怒り、悲しみ、疲弊していく状況がある。自らの夾雑物やずるさや構造的優位や鈍感さを誤魔化さず、それでもなおよりマシな未来のために個人が「親」的な立場を引き受けるための準備運動。それが『『ベイブ論』です。 【著者プロフィール】 柿内正午(かきない・しょうご) 会社員・文筆。楽しい読み書き。著書にプルーストを毎日読んで毎日書いた日記を本にした『プルーストを読む生活』、いち会社員としての平凡な思索をまとめた『会社員の哲学』など。Podcast「ポイエティークRADIO」も毎週月曜配信中。 (零貨店アカミミ ホームページより引用)

セール中のアイテム