{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

くどうれいん、東直子『水歌通信』(左右社)

残り2点

2,200円

送料についてはこちら

くどうれいんさんと東直子さんがコラボレーションした短歌と散文でつむぐ、みずみずしい歌物語です。 【あらすじ】 恋人から結婚を打診されるも、あることが心にひっかかり、素直に喜べないみつき。時を同じくして、東京の街に降り立った不思議な存在・ミメイは、人々の暮らしや心の機微を観察して楽しむ。ひとつの街でふたつの存在が共存し、ときに交差しながら描かれる物語。 【目次】 1 雨つよくふる都市のどこかに 2 なんでもつがい 3 どこにも戻るつもりはないな 4 Choice is yours 5 必ず君のいる夏の 【著者プロフィール】 くどうれいん 歌人・作家。1994年生まれ。岩手県盛岡市出身・在住。著書に、第165回芥川賞候補作となった小説『氷柱の声』、エッセイ集『わたしを空腹にしないほうがいい』『虎のたましい人魚の涙』『桃を煮るひと』、歌集『水中で口笛』、第72回小学館児童出版文化賞候補作となった絵本『あんまりすてきだったから』などがある。 東山直子 歌人・作家。1996年歌壇賞受賞。2016年『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞受賞。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』など。小説に『とりつくしま』『さようなら恋』『階段にパレット』ほか。歌書に『短歌の時間』『現代短歌版百人一首』、エッセイ集に『千年ごはん』『愛のうた』『一緒に生きる』など。近著に短編集『ひとっこひとり』。

セール中のアイテム