{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

冬野虹詩文集『編棒を火の色に替えてから』四ッ谷龍【編】(素粒社)

残り2点

2,200円

送料についてはこちら

【ポストカード特典つき】 冬野虹による素描を掲載したポストカードがつきます 俳句・詩・短歌・童話・歌詞・絵画など多様な形式でのきわめてすぐれた表現を達成し、吉岡実(詩人)、中西夏之(美術家)、永田耕衣(俳人)ら第一級の芸術家たちが才能をみとめた作家、冬野虹(1943-2002)による珠玉の作品群および散文をあつめた詩文集がついに刊行。 2015年刊行の『冬野虹作品集成』(四ッ谷龍編、書肆山田)より主要な作品を抄出し、同書未収録であった詩歌や散文および著者自身による挿画を掲載。巻末には俳人であり夫である四ッ谷龍による冬野虹論「あけぼののために」と回想録「冬野虹との二十年」を併録。 【推薦】 冬野虹! その名はふしぎな想像界への扉をひらく合言葉だ。 見よ、彼女の手が触れると、あらゆる事物は本来のポエジーを取り戻し、 未知の出会いに向けて軽やかに浮遊し始める。 ――野崎歓(フランス文学者・翻訳家) 目次 Ⅰ 俳句 雪予報抄 網目抄 Ⅱ 詩 頰白の影たち抄 補遺 Ⅲ 短歌 かしすまりあ抄 拾遺 Ⅳ 散文ほか   葉の上の  桜の木  パンフィリアの泉 かみさまへのてがみ 天使の絆創膏  散歩の毬  ルーペ帳 はつなつの七つの椅子 Ⅴ 冬野虹論――四ッ谷龍 あけぼののために 冬野虹との二十年 解題 冬野虹年譜 後記 著者プロフィール 冬野虹 (フユノ ニジ) (著) 1943年大阪府泉北郡福泉町(現 堺市)生まれ。1977年より俳句の創作を始め、「冬野虹」の筆名を使用する。1987年、俳人で夫の四ッ谷龍とともに二人文芸誌「むしめがね」を創刊。1988年、句集『雪予報』(沖積舎)刊行。1992年より短歌、1995年からは自由詩の創作を始める。1997年、日・仏・英3か国語のウェブサイト「インターネットむしめがね」を開設。以降、海外で刊行された俳句のアンソロジーなどに編集、翻訳、作品・表紙画提供で関わる。2002年2月、自宅にて急逝、享年59。没後、2015年に『冬野虹作品集成』(四ッ谷龍編、書肆山田)が刊行された。 四ッ谷龍 (ヨツヤ リュウ) (編) 1958年北海道札幌市生まれ。1972年より俳句の創作を始め、1974~86年俳句雑誌「鷹」に参加。1983年第2回現代俳句評論賞受賞。1987年文芸誌「むしめがね」を創刊。2010~19年田中裕明賞選考委員。著書に、句集『慈愛』(蜘蛛出版社)、『セレクション俳人・四ッ谷龍集』(邑書林)、『大いなる項目』(ふらんす堂)、『夢想の大地におがたまの花が降る』(書肆山田)、エッセイ集『田中裕明の思い出』(ふらんす堂)ほか。

セール中のアイテム