{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

北夙川不可止・黒沢永紀『新装版 東西名品 昭和モダン建築案内』

¥1,870 税込

送料についてはこちら

KanKanTrip Japan 10 「新装版 東西名品 昭和モダン建築案内」 文:北夙川不可止・黒沢永紀 写真:黒沢永紀 A5、並製、176ページオールカラー 定価:本体1,700円+税 ISBN978-4-86385-485-7 C0026 建築の百花繚乱の時代といわれる1920年代から いまに残る東西の名建築をたどる アール・デコ、スパニッシュ、和洋折衷などの建築様式をはじめ、F.L.ライト、遠藤新などの建築家、病院、学校などの用途別、時計塔、望楼などの構造と、様々なテーマで切り取る。 2021年10月中旬全国書店にて発売。 【著者プロフィール】 北夙川不可止(きたしゅくがわ・ふかし) 1964年兵庫県西宮市生まれ。同志社大学神学部中退。歌人(「玲瓏」所属)・コラムニスト。二十代より近代建築と景観の保存活用に取り組み「朝日ジャーナル」等で執筆開始。アート・ディレクターとして古楽コンサート、心斎橋大丸原図展などを手掛け、自らも様々なアーティストとコラボ、インスタレーションを行う。共著に「性の用語集」(講談社現代新書)、「産業遺産の記録」(三才ブックス)など。どこに行っても「伯爵」の渾名で親しまれている。2022年より奈良市の大地主の屋敷『水輪書屋』に移住予定。 黒沢永紀(くろさわ・ひさき) 1961年東京都新宿区生まれ。早稲田大学文学部卒業。著述家・音楽家・軍艦島伝道師・音楽家・映像制作ユニットオープロジェクト所属 音楽家として社会人デビュー。2000年頃から軍艦島を取材し、その成果を多数の著作で発表する。オープロジェクトでは廃線や廃道などの産業遺産を映像作品化。街を景観や歴史とともに社会学的な視点で語るのを得意とする。著書『東京時層探検』 (書肆侃侃房)、『軍艦島全景』(三才ブックス)、『軍艦島入門』(実業之日本社)、『軍艦島 奇跡の海上都市完全一周』 (宝島社)、DVD『軍艦島』三部作や『廃道』三部作 (いずれも日活)など多数。 【目次】 はじめに PART1 建築様式で見る アール・デコ  旧朝香宮邸[現・東京都庭園美術館]  旧大丸心斎橋店 スパニッシュ  旧前田侯爵鎌倉別邸[現・鎌倉文学館]  旧新田邸[現・松山大学温山記念会館]  和洋折衷  神奈川県庁本庁舎  先斗町歌舞練場 COLUMN:景観とは誰のものか? PART2 建築家で見る F・ L・ライト  自由学園明日館  旧山邑家住宅[現・ヨドコウ迎賓館] 遠藤新  自由学園東久留米キャンパス  旧甲子園ホテル[現・武庫川女子大学甲子園会館] W・M・ヴォーリズ  旧佐藤新興生活館[現・山の上ホテル]  旧矢尾政[現・東華菜館] J・H・モーガン  根岸競馬場跡  旧チャータード銀行神戸支店[現・チャータードビル] COLUMN:郊外と都市文化 PART3 用途で見る 病院  聖路加国際病院  甲南病院(喪失) 女子大  東京女子大学  神戸女学院 小学校  泰明小学校  旧明倫小学校[現・京都芸術センター] 転用モダンアパート  旧銀座アパートメント[現・奥野ビル]  船場ビルディング 現役モダンアパート  清洲寮  トヨクニハウス ホテル  ホテルニューグランド  旧松坂屋大阪店[現・シタディーンなんば大阪(高島屋東別館)] 百貨店  旧日本生命館[現・日本橋髙島屋]  南海ビルディング(難波髙島屋) 駅  鶴見線 鶴見駅・国道駅  六甲ケーブル 六甲山上駅 COLUMN:関西連邦共和国と東京帝国 COLUMN:看板建築 PART4 構造&リノベーションで見る 時計塔  市政会館  旧生駒時計店[現・生駒ビルヂング] 望楼  旧高輪消防署[現・高輪消防署二本榎出張所]  神戸税関 外観リノベーション  旧東京市深川食堂[現・深川東京モダン館]  旧愛国貯金銀行[現・丼池繊維会館] タワー・オン・ザ・ベース  旧江戸橋倉庫ビル[現・日本橋ダイヤビルディング]  旧大阪株式取引所市場館[現・大阪証券取引所ビル] COLUMN:モダン楼閣建築 おわりに http://www.kankanbou.com/books/trip/KanKanTrip_Japan/0485