{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

劉梓潔『愛しいあなた』

¥2,090 税込

送料についてはこちら

現代台湾文学選3 「愛しいあなた」親愛的小孩 劉梓潔 著 明田川聡士 訳 四六、上製、224ページ 定価:本体1,900円+税 ISBN978-4-86385-546-5 C0097 装幀 木庭貴信+オクターヴ カバー写真 shilun http://www.kankanbou.com/books/kaigai/taiwan/0546 何を書くか、どうコラージュするのか、その細かな取捨選択に宿る煌めき。 読みながら、自分が出会ってきたあらゆる愛しい人を思い浮かべたけれど、読み終える頃にはこの小説が、愛しいあなたになっていた。 ――​金原ひとみ(小説家) エッセイ・リウは生来のストーリーテラーだ。独特の作風には絶えず比喩が混ざり込む――きっぱりと鋭く、びっくりするほど。彼女の短編小説を読んでいると、ラインすれすれに打ち込む一流のテニス選手のように思えてくる。一回打っては打ち返し、正確にしかもリズミカルなラリーが続く。目の前ではずっと続くように思えていても、突然のスピンボールに相手が戸惑っている時、ポイントを奪ってしまう。読者は短編小説を読んでいくうちに物語に引き込まれ、劉梓潔の世界に完全に入り込んでしまう。 ――侯文詠(作家・医師) 劉梓潔は二十一世紀台湾人女性の声を代弁する。物語を紡ぐ時、不要な説明は避け、場と場を繫ぐ説明も省かれる。彼女が描き出す言葉には強い自信が表れ、受け身で、解釈されることを待ち、意味づけされるのを受け入れるだけの女性は出てこない。物語をシーンごとに繫げていくと、それはまたカットごとに自ずと繫がっていくのである。女性の物語や男女の物語はここから語り出されるのだ。 ――陳芳明(台湾文学研究者) 『父の初七日』監督・脚本のエッセイ・リウ。 映画の原作エッセイがベストセラーとなった作家の最初の短編小説集。 子供が欲しい。でもそれってホルモンのせい?でも、過ぎてしまえばそれでいいなんて私は思わない…「愛しいあなた」。母親には永遠にわからないだろう。それは四倍の愛なのだ。母と父の役目で二乗。会えなかった最初の息子の分でさらに二乗だって…「プレゼント」。私は年上の人しか好きになれないんです。父の秘密と私の恋…「失明」。台湾の現代女性の愛と痛みを衝動的に描いた短編小説集10編。 【著者プロフィール】 劉梓潔(エッセイ・リウ / Essay Liu) 1980年、台湾・彰化県生まれ。小説家、脚本家、台湾・逢甲大学人文社会学院専任教授。国立台湾師範大学社会教育学系卒業。著作に長編小説『希望你也在這裡』(2021年)、『外面的世界』(2018年)、『真的』(2016年)、短編小説集『自由遊戯』(2019年)、『遇見』(2014年)、エッセイ集『化城』(2022年)、『父後七日』(2010年)など。映像作品に台湾映画『痴情男子漢』(脚本、2017年)、『父後七日』(監督・脚本、2009年)、台湾ドラマ『滾石愛情故事』(脚本、2016年)、『徴婚啓事』(脚本、2014年)など。受賞歴に金馬奨最佳改編劇本賞(2010年)、台北電影節最佳編劇賞(2010年)、林栄三文学賞(2006年)、聯合文学小説新人賞(2003年)など多数。 【訳者プロフィール】 明田川聡士(あけたがわ・さとし) 1981年、千葉県生まれ。獨協大学国際教養学部専任講師。早稲田大学第一文学部卒業、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専攻は台湾文学・台湾映画。著書に『戦後台湾の文学と歴史、社会』(単著、関西学院大学出版会、2022年)、『越境する中国文学』(共著、東方書店、2018年)、『台湾研究新視界』(共著、台北・麦田出版、2012年)など。翻訳に黄崇凱『冥王星より遠いところ』(単訳、書肆侃侃房、2021年)、李喬『藍彩霞の春』(単訳、未知谷、2018年)、李喬『曠野にひとり』(共訳、研文出版、2014年)など。

セール中のアイテム